最初に知っておきたい購入とレンタルのメリット・デメリット

結局どちらがお得?購入とレンタル

レンタルのここが良い!ここが悪い

レンタルのメリットは、1度着るだけなら購入するよりも遥かに値段をおさえられるところです。
購入するとかなり高くなってしまう着物もありますが、レンタルなら大幅に経費をおさえることができます。また、1点だけ購入するよりもレンタルした方がその時々合わせてさまざまな着物を楽しむことができ、保管や手入れの必要も無いのもメリットの一つです。
しかし、何度もレンタルすると購入するのと同等かあるいはそれ以上高くなってしまう場合もあります。また、新作や人気の柄はその分値も貼りますから、購入するのと変わらない金額になってしまうことも少なくありません。特に成人式で着る振袖などは、一生に1度なので良いものを着たいと思われるかもしれませんが、レンタルの場合、今年だけでなくその前の年にも同じものを着た人がいることになります。
これらのことも頭に入れてレンタルするようにしましょう。

購入のここが良い!ここが悪い

着物を購入するメリットは、誰も着ていない自分だけの着物を、自分にぴったりのサイズに合わせて仕立てて購入することができる点です。
自分のに合わせたサイズなので、着やすく気姿もとても綺麗に見えます。また、成人式などで着たものは思い出として取っておくこともできますし、自分の着たい時に着ることができるのも魅力です。
購入するときのデメリットは、やはり、最初に購入するときにレンタル1回分よりは高くなってしまうことと、購入した後の手入れや保管を自分で行わなければならないことです。また、どんなに思い出なるからと取っておいても1回しか着ないのであればもったいない気がしてしまいますよね。
自分が着る予定がある、または子供に着せたいなど見通しが立っているときに購入するのが良いでしょう。